医療法人元事務局長の社会保険労務士

荒井社会保険労務士事務所

人と組織の課題発見、課題解決をご提案

経営者、スタッフと一緒に考え実行します

ブログ

 人事・労務に関することはもちろん、経済情勢や社会問題を中心に書き込みます。

 弊所サービスの紹介として、人材採用支援、仕組み経営、診療所・クリニックなどの事務長サポート業務について

 時々弊所や代表荒井の趣味のスキーや写真などを加えたブログです。

在宅勤務
労務

在宅勤務、恒久化へ

在宅勤務の必要性と環境整備 日経2021年「スマー

医療機関での勤務経験と知識を活かして

 これまで人事・労務業務を担当し、採用では400名以上のメディカルスタッフの履歴書を見て、面談し、時に採用の決裁を行ってきました。
 採用では、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、精神保健福祉士、管理栄養士、看護職員、介護職員など
 2020年9月に社会保険労務士事務所を開業し現在にいたります。
 主な業務は、以下の通りです。
 ◯採用から定着、就業規則の改定など含めた人事・労務顧問
 ◯医療機関の事務局長補佐、事務局長業務の一部を請け負う
 ◯医療・介護人財採用WEBサイト「メディレックス」の運用
 ◯仕組化経営で経営者が経営者以外の業務を社員に移譲し、経営者の仕事に専念できる環境づくり

採用業務

 看護師、理学療法士、作業療法士、精神保健福祉士、管理栄養士といった専門職採用を中心に延べ400名以上の採用試験の運営および面接官として、採用に関わってきました。
 医師採用では、採用したい医師像をトップと協議しながら明確にしたうえで、募集媒体の選定、募集条件を決定しました。
 その後の紹介会社とのコンタクト、募集医師との面談、細かい採用条件の確認を行い、常勤医師1名、非常勤医師30名以上を採用することができました。
 職員採用活動が現場の所属長任せになっていたところを、人事が統制することで組織全体の採用方針・手続きに一貫性をもたせました。

事業範囲(営業区域)

 全国を事業範囲といたします。
 現在のお客様も首都圏、近畿地方にいらっしゃいます。ICTを活用して事業を行っておりますので、物理的な支障はないと考えております。
 メールはもちろん、チャットワーク、SLACK、GOOGLEの各種アプリケーション、ZOOMなどを活用することで通常の業務には支障がありません。
 直接伺ってお話をする必要がある場合は、出張を承ります。
荒井社会保険労務士

代表 荒井紀洋 社会保険労務士

 こんにちは。荒井社会保険労務士事務所 代表 荒井です。
 私は、会社・組織にとって経営の4要素である「人・モノ・カネ・情報」のなかで一番大事なものは何かと聞かれたなら、迷わず「人」と答えます。
 なぜなら、他の3要素は通常持っていることは、プラス(資産)になりますが、人だけは時にマイナスに働くことがあります。
 そして、人は最も価値に換算することが難しいです。
 と同時に、人を変えることができれば、短期間に大きな業績向上をもたらし、方向を間違えれば、倒産の危機に陥るような事例を見てきました。
 難しさの中に楽しさがあるのが、人に関わる仕事と考えていて「人が良くなることが組織が良くなること」それで関わる人とその家族に多くの笑顔を作ることが自分の生涯かける仕事と考えております。

事業内容

弊所の事業内容をご紹介いたします

会議

人事・労務顧問

 これまで現場で培ってきた人事・労務経験と社会保険労務士の法律知識を活かして、お客様の課題解決のサポートをいたします。

握手

医療機関事務業務サポート

 12年間の医療機関人事・労務の経験を活かして事務局業務のサポートをいたします。
 医療機関で理事長の相談役を探していらっしゃる方、事務局長を置くまでは不要だが、時々人事・労務を相談したいという方、ぜひご連絡ください。

本

就業規則作成・改訂

 法律に合わせるのはもちろんですが、働き方に合わせて就業規則の作成・改訂を行います。  現在の労務の課題、人事制度を踏まえて改訂いたします。  事前に状況・課題などを伺ったうえで業務を進めます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email