5.理事長・院長サポート

サービスメニュー

理事長・院長サポート

理事長・院長サポート

医療機関の理事長、院長

 「あなたを経営面でサポートしてくれる方はいますか?」

 財務・経営のことでしたら税理士や会計士がサポートされるでしょう。

 人事・労務、広報、総務といった医療技術とは違う「組織運営」として取り組まなければならない業務は多く煩雑です。

 それらの業務の代行やサポートがいてくれたらとお考えになったら、ぜひご相談ください。

こんな事案に時間を使っていませんか?

・スタッフ間のいざこざ
・モンスターペイシェント対策
・細かい事務雑務

事務長・事務局長がいてくれたら・・・

でも実際は、事務長候補がいない

・適当な人がいない。医療組織の知識がない

・現スタッフは誰も引き受けてくれない

・1人採用するには給与が高い

・毎日勤務してくれなくても良い

業務改善

1.業務改善

業務改善の手法は多々あります。
目的は例えば下の3つに大別できます
・売上を上げる方策
・利益を向上させる方策
・費用を下げる方策
分かりやすく短期に効果が表れるのは、費用を下げる手法です。
ではどのよう手法で業務改善が出来るでしょうか。

・売上向上策(集患対策、1人当たりの患者売上の向上など)
・ICTの活用(電子カルテ導入、グループウェアの活用ほか)
・コミュニケーションの向上(情報共有)
 などなど
講義

2.人事課題改善

医療機関は、人件費率が高い業種です。
※人件費率(売上高人件費率%=人件費/売上高×100)
「平成30年度病院経営管理指標」厚生労働省資料によれば、人件費比率(人件費/医業収益)は下の通りです。
類 型 人件費比率
一般病院 56.7%
ケアミックス病院 60.9%
参考:飲食業 30% ~ 40%
参考:小売業 10% ~ 30%
他産業よりも比率が高いということは”人材”の良し悪しが、経営を左右するとも言えます。
詳しくは人事コンサルティングの項をご覧ください。
チームワーク

3.労務課題改善

長時間勤務、休日が取得できない、深夜勤務など 医療業特有の課題があります。

患者の生命がかかる業務において、時間通りに仕事が終わることは困難です。

とはいえ、働き方改革。どのようにしたら改善できるでしょうか。

文書

4.広報業務

自組織の広報活動は行っていますか?
それは誰に対して行っていますか。
・患者様、患者家族
・医療連携機関
・行政
・地域住民(将来の患者)
暴力

5.患者トラブル対応

医療機関は、患者トラブルが発生やすい環境です。

 また、そのトラブルを放置しておく傾向にあり、事が大きくなって、収集するのが難しいことが多いです。

 とにかく素早く対応して、問題を悪化させないことです。

 これは病気の治療と同じことと思いますが、いかがですか?

 トラブルが発生したままでは、患者が離れていきます。

 スタッフもトラブル対応に嫌気がさして、休職・退職という事態になりかねません。

 トラブルには、素早く毅然とした態度で取り組んでください。

トラブルは小さいうちに

「小さなトラブルは、小さいうちに片付ける。」

<患者、スタッフ、スタッフ間のトラブル>

 患者からのクレーム、スタッフとの意見相違、スタッフ間のトラブルなど、起きていませんか。

 トラブルは「早期対応、早期処理」が基本です。

 これが時間も労力も費用も2番目に少なく済みます。

 ※一番少なく済むのは「予防策」を講じておくことです。


<かつて犯罪の街のイメージ ニューヨーク>

 かつて、ニューヨークは非常に治安の悪い街でした。

 1990年ごろまで海外旅行でニューヨークに行っても地下鉄は、危ないから乗ってはいけないと言われていました。

 昔の映画を見ても、ニューヨーク市の犯罪を描いたものが多いですね。

 古くはロバート・デ・ニーロの「タクシードライバー」、「ゴッド・ファーザー」

 「ゴースト/ニューヨークの幻」1990年 では、恋人が暴漢に襲われて亡くなるところから始まっています。

 最近、ニューヨークを舞台にした映画では、アベンジャーズやスパイダーマンなど、架空の設定が多いです。

<ジュリアーニ 元ニューヨーク市長>

 ニューヨーク市の犯罪減少のきっかけは、2008年に大統領選に出馬し、トランプ大統領の顧問弁護士のジュリアーニ氏がニューヨーク市長に就任してからと言われています。

 検事であったルドルフ・ジュリアーニ氏は、1994年にニューヨーク市長に就任してから「割れ窓理論」を活かして就任から5年で、犯罪認知件数を大きく減少させました。(殺人67.5%減少、強盗54.2%減少・・・)

<割れ窓理論>

 「割れ窓理論」とは、徹底的に小さな不正を見逃さずつぶしていくことで、大きな不正を防ぐことができるという考え方で地下鉄の落書きなど軽犯罪も徹底的に取り締まったのです。

 ジュリアーニ元市長は、警察職員5,000人を増員して街頭パトロールを強化したとのことです。

 日本でも、札幌中央署が「すすきの」の犯罪対策に用い、路上駐車を1/3に減少させたのです。。


<ディズニーランドの清掃>

 また、ディズニーランドの徹底した清掃と設備などの修繕も同様です。

 ディズニーランドがきれいで感心される方も多いと思いますが、この「割れ窓理論」を用いているようです。

 ディズニーランドに来園するお客様のモラルやマナーが良いのは、パーク内のゴミはもちろん、ささいな傷もおろそかにせず、すぐに修繕しているからだというわけです。

 パーク内はあれだけ混雑しているにも関わらず、トラブルどころかゴミのポイ捨てすらほとんど見かけることはありません。

 皆さんも、こまめに清掃されている方を見たことがあると思います。(テレビで 地面にモップで絵を描く人を見たことがありますが、カストーディアルキャストと呼ばれているそうです)


<トラブルには早めの対処を>

 小さなクレームを放っておけば、大きなクレームにも手を付けなくなる。

 トラブルが発生する前に防ぐ、発生したら小さいうちに対処。

 ちょっとした汚れも慣れてくると、気にならなくなります。
 小さなトラブルのうちに解決すれば、時間も手間も少なく済みます。

 これを放っておくと、いずれは自分では対処できないレベルになります。

 トラブルは大きくなればなるほど、解決には多大な時間と資金、労力を必要とします。

採用サポート

医療・介護人財採用

 WEBサイト構築サービス「メディレックス」

WEBで検索可能な求人募集ページを提供いたします。

1.求人応募率を大幅に向上

 → 他社比 平均5倍  他社のWEBサイト応募率約0.6%のところ3.0%へ引き上げ

2.貴社と合わない応募者の振り分け

 → ミスマッチ防止

 → 望んでいた人材を採用

仕組み経営コーチ

組織や会社経営を「人依存」から「仕組み依存」に変革させるための考え方とメソッドを学んで実践できれば、経営は大きく変わります。

  • 自分が現場で働き続けないと会社が運営できない。
  • 社員に仕事を任せられない。
  • 家業から事業へ成長させたい。
  • 成長の壁を乗り越えたい。
  • 熟練社員にしか出来ないブラックボックス業務がある。
  • 社長が代わっても大丈夫なようにして事業承継を成功させたい。
  • 自分の会社を高値で売却したい。