文書

就業規則の活用

先日、魚沼市にお住いの先輩税理士先生とお話しする機会をいただきました。
 こんな案件があり、もったいないとの感想でした。
 ・・・助成金申請のためだけに就業規則を作成したようで活用されていない。従業員は内容は知らないようだが・・・

 私は「もったいない」というよりも、労使(経営者と従業員)がお互いに守るべき約束事、法律のようなものであり、そこには経営者の考えや従業員の働きやすい環境づくりへの気持ちが入ってくるものと思っています。
 労基法の通りに作成するのが決して悪いわけではありません。
 しかし「当社は従業員の頑張りにこんなことで報いたい」という、経営者の考えがあってよいと思います。
  
 それが、休日を多くすることでも、昇進が早いことでも、手当を多くすることでも、子持ち世帯が働きやすい柔軟な勤務時間でも良いと思います。
 何か会社としてアピールする方針をもっていただきたい。
 それは、現在の従業員へのメッセージであり、これから就職しようとする方へのアピールにもなります。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です